アセンション(Ascension)の拡張パックプレイ感想

とりあえずプロモ(1から3除く)以外を買ってプレイしてみたので購入の参考に感想を書いていく。基本セットプレイ済みの人用

 

Bundle1
Return of the Fallen 、Storm of Souls 、Immortal Heroes、プロモ1から3のセット。
フェイト:場に出た時にフェイト効果発動
Unite:同ターンに同所属カードを使った時効果発動。後でも前でも良い。
トロフィー:モンスターを倒した後手元に置いてコンストラクトのように効果発動出来る
ソウルジェムソウルジェムを入手、と書かれている時ソウルジェムデッキからカードを引く。ターン終了時に破棄される。
全部通してやった後の感想は、こいつらだけではやる気にならない。
基本ルールに則ったカード群なので新鮮味はほとんど無く空気。
フェイトは勝手に処理が終わってる、トロフィーとUniteはその後もたまに出て来る、ソウルジェムはランダムで戦略性が低いのでわざわざこれで遊ぶ意義が低い。
飽きた時に混ぜて使う用ぐらいしか用途が思いつかない。
ただし、プロモ1の「ルーンをパワーの代わりに使える」カードは強いのでプロモ1だけ突っ込んでも良いかも知れない。

Rise of Vigil
エナジーを貯めたらエナジー効果が発動出来る拡張。
Darkness Unleashedの方がトランスフォームが追加されて面白いので混ぜて使う用。

 

Darkness Unleashed
同じくエナジーを貯めるとエナジー効果が発動出来る。
また、エナジーを貯めるとゲーム終了時まで別のカードに変わるトランスフォームカードがある。
エナジー溜めてトランスフォームさせてバンバン強カード使うのが楽しい。エナジー溜められるかは運だが。

 

Realms Unraveled
引き続きトランスフォームカードがあるが、条件が特定の所属のカードを同ターンに数枚使っている事に変更されている。
複数の所属を持つカードがある。
これだけだとあんまり面白くない拡張。新しいコストが無いのは大抵効果が控えめで凡庸な動きになる。
Dawn of Championsと混ぜて使う分には悪くない。

 

Dawn of Champions
チャンピオンカードが最初に配られ、その所属に応じたカードを取得or1ターンに1度2コスト払う、で名声が溜まり、一定数になると指定のカード入手、8になるとその所属のカードを取得した時結集を行う。
結集は場の山札をめくり、次に出たのが指定の所属なら強制的に入手or撃退するという物。
パワー+2をあまり取らなくて良いのが特徴。代わりに名声を取ってお茶を濁す。
しかし結集はデッキ構築の邪魔になる事もある。ついでに運ゲー
ドロー2枚やコピー1回所属次第で2回など強カードが多いので遊んで楽しいと言えば楽しい。

 

Dreamscape
ドリームカードを最初に5枚から3枚選んで自分専用の場においておき、啓示点を使って入手出来る。
啓示点は夢生まれのカードが場に出た時か夢生まれのカードを自分が入手した時、啓示点入手カードを使った時に手に入る。
ドリームカードの内でヴィジョンカードのみ使い切り。ただしOnGoingがあると永続効果になる。
ドリームカードは強いカードが多いのでかなり楽しい。
ドリームカードの入手時期も考えなければならないので戦略性は高め。
普通のカードもそこそこ強いのが多い。

 

War of Shadows
デイ/ナイトに分類されるカードが登場。
場にあるカードの枚数がデイ>ナイトならデイに、ナイト>デイならナイトになり、どちらでもない場合はどちらでもなくなる。
day:と書かれていればデイの時、night:と書かれていればナイトの時に効果が発動する。
また、デュアルコスト=ルーンとパワーの双方を払うカードがある。
問題児。
デュアルコストのカードが多く、モンスターも居る事でパワーの方が使用頻度が高い。
パワー+2ばっかりとっても苦しくなるのが問題。カードも強くない。
デイ/ナイト効果をかなぐり捨てて他と混ぜた方がデュアルコストが減って楽かも知れない。
のだが、全体のカードパワーが更に弱くなるので結局楽しくないという結論に至る。残念な子。